お問い合わせ

2022.11.01

お家の歴史を、引継ぎよみがえらせ、暮らしのそばで思い出を刻み続ける桜の地板。

  • ブログ

 

築50年余り。泉北ニュータウン開発のころの建てられ、先祖代々受け継がれてきた家。解体して、木の家注文住宅建て替えの計画が始まって。それでも、既存の家の何かを引き継ぎたい、どこの何を、どこの何へ使うのか、施主さんとたくさん相談してきました。

解体時、見つけたのは、2階畳の地板。この材料、実は無垢桜を使用されていて、こんなところに桜をつかうなんて、目づらしいのですが。こちらを生け捕り、大工さんが丁寧に一枚一枚とってくらました。

解体後、このような状況。

こちらが、生け捕りした桜材。

新築現場に運ばれまして、この辺りでも、どこに使おうか、と話しながら現場は進んでいきます。

こうやって一枚一枚、削ってゆきます。何度も表面を加工して使えるのは、自然素材の醍醐味です。

使う場所は、2階の個室。こちらの書院の障子も、同じく既存の家から持ってきたもの。右側の小壁、こちらがあの桜材です。

竣工時、このようになります。署員の敷居鴨居も、前の家にあった敷居を使わせていただきました。

そして、メインは、TV台の背面。リビングの真ん中。あの地板が、よみがえって生まれ変わり、このようになりました。

これからも、家族の思い出を刻み続けます。

 

 

 

関連記事一覧

  • 泉北スタイルな家 リノベーション工事

  • これができるまでには。

  • 千総ラボ

  • プレゼン!

  • 美木多の家 竣工

  • 最期の姿

  • 泉北ニュータウンエリアリノベーション

  • 夫婦のかたち。

お問い合わせは、フォームまたはお電話で。
TEL.072-247-4318

よく見られている施工事例

お問い合わせ