お問い合わせ

2021.07.30

9. 小さな家

  • プロフィール

新築工事においても、お施主様のニーズに合ったものを考え実現できました。
『小さな家』と名付けられた、夫婦2人だけの家。

「もう、なんでもいいんで。津波の避難用の家だから。」
ふたりで洋食屋さんを営まれ、将来の津波に備え、いまある串本町の家とは別に家を建てたいということ。
夫婦二人のための小さな家のお話がはじまった。

どんな家にするか。敷地調査、プラン、打ち合わせを重ねる。
ちょうどよい敷地に、必要最低限の部屋、設備を考えた機能的なプラン。
予算についても、できるだけ安くできるように、使うものを吟味した。

基礎工事も完了し、いよいよ上棟をひかえたころ、「ちょっと色を塗ってみました!こんなんでどうですかね?」

そこには、絵具で塗られた外観図面。
近所の文房具屋さんで、絵具を購入し調色しているのを想像すると、避難用から終の棲家に変わり、仲良く計画するご夫婦が少しうらやましくも感じ、ええもんにしたい気持ちが、もっと強くなった。

12坪の平屋です。ふたりにはちょうどよい大きさ。
でもこんな家、いいなと思うし、またある意味これからの家ではなかろうか、とも思う。
小さいけれど、機能的で、可変性があり、しっかり施主さんの思いが詰まった家。
そんな小さな家ができました。


関連記事一覧

  • 3. 大学時代

  • 11. 泉北ニュータウンの再生、活性化

  • 2. 青年期~中学・高校時代

  • 7. ひとりでやりはじめて。

  • 10. それでも、小さな家

  • 6. 自宅分譲マンションをセルフリノベーション、独立、家族

  • 8. 岐阜森林アカデミー 木造建築病理学『住宅医ネットワーク』

  • 4. 就職~設計事務所,ハウスメーカー時代

  • 1. 生誕~小学校時代

お問い合わせは、フォームまたはお電話で。
TEL.072-247-4318

よく見られている施工事例

お問い合わせ